プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

スポンサーリンク

こんにちは。

今日は、プノンペンで有名なマーケット3ヶ所を写真でご紹介です。

プノンペンでのマーケットと言えば「セントラルマーケット」が一番有名で、プノンペンを旅行したら取り敢えず一度は行ってみるんじゃないでしょうか。

あとは、私が泊まっていたキャピトルゲストハウスのすぐそばにある「オルセーマーケット」

それと、「ロシアンマーケット」です。

セントラルマーケットは勿論ですが、他2つのマーケットも大きな規模のマーケットなので、買い物目的で無くてもブラブラと土産物だとかを見て回るだけでも楽しいと思います。

 

では、まずはオルセーマーケットから。

 

↓ オルセーマーケットの場所。

 

↓ オルセーマーケットの入口。他の所からも入れます。カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

上の写真の入口から入って行くと、旅行者に関係ないような物が沢山並んでますが、日本で見かけないものだとか日本のデザインと違う物も沢山ありました。

私は時間がたっぷりあるのでブラブラと。

優秀な日本製品と比べると、ガラクタみたいな品質の物も少しはあるように思えましたが、ここの製品を見て回ったら、いかに日本の製品が優れてるかを実感できる場所でした。

ここに限らず、東南アジアのどこの国に行っても同じですが。。。

他の国の品質が悪いのではなくて、日本製品の品質が素晴らしすぎるんだと思います。

 

↓ リモコンとか電化製品とか。旅行者には関係ないですね。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 子供用のおもちゃとか。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ お菓子も沢山。ばら撒き用のお土産には良いかもしれせん。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ キッチン用品も。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

1階は旅行者に関係ないような物ばかりでしたが、階段を登って2階に行くとだとかバッグだとかが沢山売っていて、デザインさえ気に入れば安価に購入することが出来ると思います。

 

↓ バーゲンセール中の様な店ですが、普通のバッグ屋です。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ マニキュアも沢山。値段は聞いてません。。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ ヘアクリップ。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ シュシュ?も雑然と並べられていて、卸問屋っぽい感じです。カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 靴だとかバッグ。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 服屋も沢山あって、有名人の着ている写真からコピーして作ってるようです。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

オルセーマーケットは基本的に地元のカンボジア人達が買いに来るようなマーケットですので、民芸品的な物を買いたいのであればお勧め出来ないかもしれません。

観光客をあまり見かけないようなマーケットですので、買い物目的で気合を入れて行ったらガッカリしてしまうかも。。。

あと、どこのマーケットでも同じですが、狭い道の中に沢山の買い物客がいるので、身の回り品には十分注意が必要です。

 

続いて、セントラルマーケット

セントラルマーケットはどのガイドブックにも載ってるので、プノンペン旅行を検討した事がある人なら誰でも知ってるんじゃないでしょうか。

バンコクのチャトゥチャック ウィークエンド・マーケットもそうですが、観光客が多く来る場所だと値段も観光地価格になってしまうと思うので、ここで買い物をする時はしっかりと値引き交渉をしないと、場合によっては相場の2倍以上で買わされてるかもしれません。。。よ。。

気に入った物があっても、同じ様な物を売ってる店は沢山あるので、とりあえず色々な所で値段を聞いてからどの店で買うかを決めた方が良いかと。

ただ、値引き交渉に時間を割いてる時間がもったいないというのであれば、ある程度の値引きでさっとまとめるのもありだと思います。

観光する時間が少ない人であれば、値引き交渉なんてしてるよりも観光に時間を充てたほうが良いですもんね。

 

↓ セントラルマーケットの場所。

 

↓ 外観はこんな感じ。数年前に新しくなって、今は綺麗な建物です。カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 内部は放射状に通路が伸びていて、同じ様な商品は同じ場所で売ってます。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ サングラスとか。カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ カンボジアシルクの布とか。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ バッグだとか、おみやげ物とか。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 建物の中央のドーム内には主に貴金属とか時計だとかを売ってます。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ こんなのとか。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 派手な宝石類とか。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ コピー商品を売ってる店も。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ マーケット内だけど、美容室もあります。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 謎の占い師もいました。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 食堂も沢山あって、昼時には人で溢れてました。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

写真にはありませんが、にも民芸品だとか電化製品生活用品等と大抵の物は売ってると思います。

 

最後に、我々観光客が一番利用価値のあるんではないかと思うロシアンマーケットです。

値段が高いか安いかはちょっと分からないのですが、マーケット内を回ってて、これ良いなと思うものが沢山ありました。

が思っただけですが。。。

個人的にはお勧めです。

ちなみに、ロシアンマーケットと言うのは通称で、「Tuol Tom Poung Market」と言うのが正式名称のようです。

 

↓ ロシアンマーケットの場所。

 

↓ 内部の様子。カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ クロマー?だとか布製品も豊富です。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 民芸品。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ アロマ製品だとか。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ なかなか良さそうな食器類もごちゃごちゃと並べられてます。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ いろいろ。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

↓ 土産として持って帰るのは難しいですが、見るだけでも楽しめます。 カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

 

繰り返しますが、マーケット内のように人が沢山いる場所に行く場合は、手荷物には十分注意して下さい。

せっかくマーケットで安く買えても、値引き分以上をスリにすられたりしたら。。。

以上、プノンペンのマーケットでした。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット) カンボジア  プノンペンのマーケット(セントラルマーケット、オルセーマーケット、ロシアンマーケット)

スポンサーリンク