サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

スポンサーリンク

2017年9月4日

こんにちは。

今回は、サヌールにある「Pasar Sindhu(パサールシンドゥ)」と言うナイトマーケットに行ってきた話です。

パサールと言うのはインドネシア語で「市場」の意味なので、シンドゥ市場と言った方が分かりやすいでしょうか。

現地に詳しい人であればサヌールのパサールシンドゥと言えばすぐにわかるかもしれませんが、私のようにバリ島に初めて行くような人間にとってはたどり着くのも一苦労。。

かと思いましたが、意外と分かりやすい場所にあったので、地図があれば簡単に辿り着けるかと思います。

私は滞在中の期間はバイクをレンタルしていたので、今回もバイクを走らせて自力で行きました。

 

↓ Pasar Sindhu(パサールシンドゥ)の場所はこちら。

 

昼間は部屋でノンビリしたり、宿の近くをちょっと出歩いた程度だったので、夕方に宿を出発した所からです。

 

↓ 全く関係ないですが、インドネシアのテレビでドラえもんが放映されてました。インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ だから何だって感じですが、久しぶりに見かけたので。。。言葉はインドネシア語吹き替え。インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 夕方に宿を出て、とりあえずクタビーチで一人寂しくサンセット鑑賞を。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ ビーチはこんな感じにサンセット待ちの人が沢山。インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 雲が少しかかってますが、今日も綺麗なサンセットを観ることが出来ました。
インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ さようなら。インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

サンセットを観た後はバイクを走らせてサヌールへ。

昼間にバイクで走ってると黒焦げになりそうなくらい太陽の光が強いんですが、太陽が落ちたにバイクで走るのは気持ちよくて良いです。

 

↓ Pasar Sindhu(パサールシンドゥ)に到着。バイクの駐輪代は何故か取られなかったです。インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 内部には主に屋台が並んでいて、市場と言うよりも屋台村のような雰囲気。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

まず目に入ったのは、おかずの種類も豊富なナシチャンプルのお店。

「ナシ=ご飯、チャンプル=混ぜる」と言う意味らしくて、タイで言う「おかずかけご飯」のような雰囲気の食事です。

展示されてる料理の中から好きな物を選んでご飯の上にかけてもらいます。

言葉が分からなくても指差して注文できるので、私達外国人にとってはありがたい屋台ですね。

 

↓ ナシチャンプルの屋台。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ BUBUR AYAM(鳥粥?)他の屋台。コーヒーも売ってるみたい。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ Mie Ayam(鳥ラーメン)。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ フルーツジュースの店もあって美味しそう。新鮮なフルーツが並んでて不味いはずがないです。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 屋台の前にテーブルもあって、現地の人もいれば外国人もいて賑わってます。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ ミートボールの店。ここは英語も併記してあって親切です。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 品数は少ないけど、ここもナシチャンプルの店。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ さらに、ここにもナシチャンプル店。沢山ありますね。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 豪快に店頭に並べられた揚げ物?の店も数軒ありました。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ ここは感じのいいおばちゃんが販売していた揚げ物店。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ ドーナツみたいのとか、春巻きみたいの、よく分からない揚げ物とかがあって美味しそう。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ これぞB級グルメって感じでごちゃごちゃに並んでます。汚いと思ったらダメです。インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

上の写真のおばちゃんの揚げ物店で少しだけ食べてみました。

値付けがいまいちよく分からなかったんですが、近くで眺めていたらちょうど旅行者の人が買っていて、5個で5000ルピア(約40円)だったので私も便乗して買ってみました。

中には高いのもあるのかもしれませんが、1個1000ルピア(約8円)と言うのは安すぎですね。

この値段なら確実にボラれてる事はないと思います。

ここは外国人の旅行者も多い場所なので、外国人に対してはくらいの料金を言う店もあるかと思いますが、この店はこんな安い商品なのにボッタクリをすることもなく真面目に商売していて素晴らしかったです。

一個8円16円になった所で、まだまだ安いので気付かないですよね。。。

しかも、5個買ったのにサービス6個も入れてくれて更にお得に買うことが出来ました。

もちろん、間違えたのではなくて、ちゃんとサービスとしてですよ。

正直者のおばちゃんで、好きになっちゃいました。

 

と、せっかく屋台が沢山並んでる市場に来たけど、食べたのはこの揚げ物だけ。。。

帰りはバイクでブラブラと走り回ってから宿の近くで食事を。

 

↓ ムスリムのおばちゃんが営業してる屋台。ボリュームもあって安かったです。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

↓ 野菜類だけで肉は入ってませんが、このボリュームで8000ルピア(約64円)。安い。 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

 

周りにも大きくてお客が沢山入ってるナシチャンプルの店が数件並んでますが、こちらの店は小ぢんまりとしていてテーブルのシート数も少なかったです。

でも不味くはなかったどころか、私的には凄く美味しかったのでもし近くを通ったら是非食べてみてください。

昼間は営業してなくて、夕方6時とか7時くらいに店をみ開くみたい。

ここのおばちゃんもボッタクリはしなさそうな感じの人だったのでオススメの店です。

ちなみに、鶏肉だとかの肉類を選んだら12000-20000ルピア(約96円~160円)程度はするようでした。

 

↓ 場所はこの辺。(Chaya Baruと言う名称は全く関係ないです。)

 

やはり、バリ島ではバイクをレンタルしてると便利で良いです。

と言うか、バイクが無かったらちょっと何処かへ行くにしても、バイクをレンタルする料金以上の交通費が掛かってしまうので、お金を節約したい人ほどバイクをレンタルして自分で運転するのが良いんじゃないかと思います。

免許の問題と、昼間にくそ暑い中で運転するのは大変なんですが自由に移動できますしね。

(※ 無免許で運転するのは問題なので、レンタルバイクを勧めてる訳ではありません。)

以上、サヌールの「Pasar Sindhu(パサールシンドゥ)」に行ってきた話でした。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】 インドネシア  サヌールのナイトマーケット パサールシンドゥに行ってきた【バリ島】

スポンサーリンク