メキシコシティの民芸品博物館

スポンサーリンク

2016年7月31日_Vol.2

こんにちは。

今日(2016年7月31日)は朝から博物館を3館ほどまわってきましたが、先日のディエゴリベラ壁画館(Museo Mural Diego Rivera)に引き続き、今回は、民芸品博物館(Museo de Arte Popular)に行った話です。

↓ 前回の投稿はこちら。
ディエゴリベラ壁画館を見学した話

 

民芸品博物館(Museo de Arte Popular)

  • 住所:Calle Revillagigedo 11, Mexico City, Mexico
  • 営業時間:10:00-18:00(月曜定休)
    ※ 毎週水曜日は10:00-21:00に営業時間延長
  • 入場料:40ペソ(約240円)
    ※ 毎週日曜日は無料

 

↓ ここもイダルゴ駅のすぐそば。ディエゴリベラ壁画館からだと徒歩5分位です。

 

↓ 入口はこんな感じ。メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 内部に入ると、いきなり大きな民芸品?が展示されていました。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 奥に進んで行くと左側に受付があります。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

通常であれば入場料として40ペソ(約240円)を支払う必要があるんですが、この博物館もディエゴリベラ壁画館と同様に日曜日は無料で入ることが出来ました。

日曜日に美術館(博物館)めぐりをするとお得で良いですね。

 

↓ 入場料無料。無料でも一応チケットを受け取る必要があります。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 館内に入場したら、まず3階(日本式の4階)に上がって上階から順番に見学するように指示されました。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 3階からの眺めはこんな感じ。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 展示室内に入って行きます。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 内部はこんな。メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 陶器?で出来た、人だとか犬とか。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 中央のは、非常に細かい作品で綺麗な柄です。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ キリストだとか陶器だとか、いろいろ。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 次の部屋に移動します。メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館
メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 靴までありました。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 中央には円筒形の展示ケースが。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 他にもいろいろと。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 小さな作品も沢山。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ かなり小さな作品も。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ルーペで見ないと見れないような作品。かなり細かいです。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 上の作品よりも更に小さなガイコツ。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

日本でも米粒に絵を描いた作品がありますが、それをここに並べて展示して貰いたいです。

 

↓ ハンモック。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

樹皮から作ったアマテ紙に描いた絵。

メキシコシティの街中でもお土産品としてよく売っていて、私も以前メキシコに来た時は買って帰りました。

もちろん、この作品はそんな安物のお土産品とは品質が違うと思いますが、街で売られている物よりも大きくて紙一面に細かい絵が描かれていました。

 

↓ アマテ紙に描かれた絵。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ アップで見るとこんな感じ。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 大きな人形も。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 独特な雰囲気のお面が沢山。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ガイコツだとかヘビが沢山からまりあってます。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 続いてガイコツの作品が沢山展示されている部屋。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ガイコツの牛と闘ってる闘牛場。観客もガイコツです。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ガイコツの楽団。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 炭鉱じゃなくて、ガイコツを掘ってるガイコツ達。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 自転車に乗って、このまま天国に行ってしまいそうな勢いです。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

メキシコではガイコツをテーマにした民芸品が多いですが、愛嬌のある商品が多くて見ているだけでも楽しいです。

 

↓ クジャク。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 今度は悪魔でしょうか。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 悪魔が沢山。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 衣装がいろいろ。中央の赤いのは「Kimono con Obi」と書いてあったので日本の着物のようです。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ワーゲンビートルに綺麗な絵が描かれています。が、、。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ この絵は全てビーズで描かれてました。凄すぎますね。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 気の遠くなるような細かい作業。。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 何処から見ても細かくて綺麗な絵柄。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ボディだけでなく、内装までビーズで装飾されてました。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ ホイールまで。素晴らしい。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 帰ろうとしたら、バイオリンとキーボードでの演奏が始まったので少しだけ見学。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

↓ 私には音楽的才能が全くないので、こんなに上手な演奏を出来る人たちが羨ましいです。 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

 

以上、民芸品博物館(Museo de Arte Popular)を見学した話でした。

今日(2016年7月31日)は、あとベジャス・アルテス宮殿内の博物館も見学したので、次回はその話です。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館 メキシコ  メキシコシティの民芸品博物館

スポンサーリンク