フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

スポンサーリンク

2016年8月10日

こんにちは。

今回は、南米・中南米旅行を終えて、タイのバンコクに戻って来た時に泊まった宿の紹介です。

南米・中南米ではシングルルームであっても1000円以下で泊まれる所が普通で、場所によっては500円程度でシャワー付きの部屋に泊まれたりもしました。

でも、バンコクでは、、、シングルルームで1000円以下の料金で泊まるって言うのはなかなか難しいですね(ほぼ不可能?)。。。

10年、20年前であれば今と比べて物価も安かったんですが、年々物価も上がってきて無職の身としては旅行しづらい国になってしまいました。

節約旅行中とは言ってもバンコクで1500円位の宿なら全く問題ないんですが、南米で500円とかで泊まれてきたこともあって1500円がかなり高い料金に感じてしまったので、今回はシングルルーム宿泊は我慢してドミトリーに宿泊することにしました。

私的には、ドミトリーと言うのは好きではなくて余程の事が無い限り泊まろうとは思わないんですが、シェムリアップで宿泊した「ブティック・ドミトリー 高知家」と同じような部屋で、各ベッドにカーテンが付いていている宿がバンコクにもあったので。

バンコクで泊まったドミトリーは、バンコク・ストーリー・ホステル(Bangkok Story Hostel) と言う宿

ホアランポーン駅から歩いて10分くらいの所にあります。

ホアランポーン駅と言えば鉄道メトロもあるし、バスも沢山通ってる場所なので交通の便はいい所で、なおかつ中華街へも歩いてすぐだし、ワットトライミット(黄金仏寺院)も宿のすぐそばです。

なかなかオススメの宿でした。

 

↓ 宿の外観はこんな感じ。まだオープン数年(予想)っていう雰囲気の建物。タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ フロント。 タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ フロントのある一階はカフェにもなってて、食事だとかもできます。 タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ 宿泊者は勝手に利用していいのか不明ですが、ちょっとした菓子だとかバナナが置いてありました。 タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ 部屋へはこの階段を上って行きます。土足厳禁です。 タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ 部屋はこんな感じ。ベッドの下には収納もあって、私の大きなバッグも入りました。 タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ ベッドの様子。タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

↓ コンセントとライトも各ベッドに備わってます。タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

 

写真のこの部屋は、男女混合のドミトリーで295バーツ(約885円)。

この他に女性専用の部屋もあって、そちらも同じく295バーツだと思います。

シャワーは全部で4-5個あって、私が利用した時は色々な方向に噴き出てしまうようなノズルばかりでしたが、その点を除けば清潔に保たれていて温水も出るし問題なかったです。

(泊まったのが8月なので現在は修理されていると信じてます)

宿泊料金の高いバンコクで、ドミトリーではありますがシングルルームのような感覚で安く泊まれる宿は私的には貴重なので、今後もバンコクを訪れた際には利用したいと思います。

以上、バンコク・ストーリー・ホステル(Bangkok Story Hostel) のご紹介でした。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】 タイ  フアランポーン駅に近いこの宿に泊まりました 【バンコク安宿情報】

スポンサーリンク