チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

スポンサーリンク

引き続き、タイの回顧録です。

今日は、バンコクの定番中の定番の観光名所、ワット・プラケオに行った時の写真で紹介させて頂きます。

まず、行き方ですが、泊まっている場所によっては全く参考にならないかもしれませんが、私はBTSでサパーンタクシンSaphan Taksin)まで行って、そこからチャオプラヤエクスプレスボートを使って行きました。

ボートの乗場は、BTSの駅からすぐの所にあるサトーン船着場(Sathon Pier)で、目指すワットプラケオは、9番のターチャン(Tha Chang)船着場から歩いて5分位の場所にあります。

電車に各駅、急行等があるように、このボートも全部の船着場に停まる船もあれば、何ヶ所か飛ばしながら停まっていく船もあるので、乗る前によく確認が必要です。

見分け方は、船に旗で色分けされているので、行きたい船着場に停まる色の船に乗らないと、いつの間にか行き過ぎてしまう結果に。。。

あとは、間違えて乗らなければ、降りるのは船着場の番号で判断すれば簡単です。

 

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

ちなみに、ワットアルン(3番 Si Phraya から対岸への渡し船に乗る)やカオサン(13番 Phra Arthitから徒歩)の近くにも船着場があって、昼間の渋滞の多い時間帯でも、川の上なので渋滞無しに移動することができます。

では、ワット・プラケオ内の写真です。

 

↓ 入口タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

↓ 回廊の壁画。絵心が無い私でも素晴らしさが伝わってきました。タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

↓ 至る所に金色に装飾された建物があって、凄いという言葉しかでません。タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

↓ 上の写真の仏塔をアップで見るとこんな感じです。タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

↓ 半人半鳥像。キンナリーというそうです。タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

↓ アンコールワットの模型がありました。
ラマ4世の指示によって作られたようです。タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

↓ 回廊の門の前に立っている鬼タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

 

以上、ワットプラケオ内部の写真でした。

全く予備知識も無く行ったので、ただただ凄いだとか綺麗だとかの感想しか持てませんでしたが、次回行く時には、ある程度調べてから行きたいと思います。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】 タイ  チャオプラヤエクスプレスボートで行くワットプラケオ 【タイ】

スポンサーリンク