乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

スポンサーリンク

こんにちは。

2016年10月12日の朝にアグラからバラナシに到着して、バラナシには10月27日までの16日間滞在しました。

半月以上と言う長い期間でしたが、バラナシでは毎日観光をしていた訳ではなくて、ほとんどの日がダラダラとしていただけです。。

なので、毎日の観光を日ごとに綴る事が出来ませんので、バラナシに関しては全体を通した項目ごとにご紹介したいと思います。

今回は、バラナシ・ジャンクション駅に鉄道の乗車チケットを買いに行った話です。

インド旅行最後の都市間移動で、バラナシの次はコルカタに移動します。

 

バラナシ・ジャンクション駅への行き方

ダシャーシュワメード ガート(メインガート)近辺からバラナシ・ジャンクション駅へ安く行く方法です。

オートリキシャを利用するのであれば簡単(100ルピーくらい?)ですが、インドで100ルピー(約155円)と言えばタリー(カレー定食みたいなもの)を一食食べれてしまう料金なので、バジェットトラベラーとしては少しでも節約したいところです。

駅までは3-4kmの距離なので、ブラブラと街を見学しながら歩いて行っても良いんですが、今回は乗合オートリキシャに乗ってバラナシ駅に向かってみました。

 

乗合オートリキシャの乗車場所

乗合オートリキシャは下の地図の所から乗りました。

メインガート周辺にはオートリキシャの立ち入りは禁止されているので、オートリキシャが待機しているゴードリア交差点までは歩く必要があります。

バラナシ駅まで20ルピー(約31円)。

初めは50ルピー(約78円)と言ってきたけど、何とか20ルピーで押し切って乗ることが出来ました。

外国人と見るとボッタクリ運賃を平気で言ってくるので、20ルピーでもボラれてるんじゃないかと思ってしまいます。。

数十円の話なのでお金としてはどうでも良いんですが、ボッタクリ運賃で乗車してしまったら気分的にちょっと嫌ですね。。

 

乗合リキシャの乗り場はこちら。

 

バラナシ・ジャンクションで鉄道チケットを買う

乗合リキシャの場合、小さな車体に定員以上の人数が乗るので窮屈ですが、無事にバラナシ・ジャンクション駅に到着しました。

 

外国人用チケットカウンターの場所

↓ バラナシ・ジャンクション駅。チケット売り場は正面の駅舎ではなくて、この写真の外(左側)にある別の建物内で買えます。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

↓ 上の写真の左側方向にはこんな建物があるので、ここがチケット売り場です。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

↓ 建物内に入るとこんな感じ。でも、これはインド人用のチケット売り場なので外国人はお隣りへ。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

↓ 建物に入って左方向の一角にオフィスのような区画がありますが、ここが外国人用チケット売り場です。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

↓ 入口。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

↓ 中に入るとこんな感じ。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

↓ 壁際にはソファが並んでるので、順番が来るまではゆったりと。建物内全体に空調もきいてたので快適です。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

2等寝台車の座席を予約

私が入った時には、3組しか待っていたのですぐに買えるなと思ったんですが、3組が3組ともカウンターの席に着いてからどの列車のチケットを買うか相談してたり、購入するための用紙をその場所で書き始めたりしていたので、私が買い終わるまでに1時間以上も掛かってしまいまいた。。

待ってる間に書ける所だけでも書いて準備しておけばいいのになぁ、、と思ってしまうのは日本人くらいなのかもしれません。

外国に出たからには、せかせかとしてないで大らかな気持ちを持たないとダメですね。。

 

今回、バラナシからコルカタまでの列車は、奮発してエアコン付き2等寝台車(2A)を購入しました。

日本人代表として、待ち時間の間に購入申し込み書?をキッチリ書き上げて、後ろで待ってる人達のためにも「5分で終了してやる」と意気込んでカウンターに提出したんですが、「フル」とのお言葉を頂いてしまいました。。。

ちなみに、私が買いたかったのはエアコン付き3等寝台車。

係の人からの提案で、「2等寝台車なら空いてるよ」と言われましたが、3等が1000ルピー(約1550円)程度に対して2等だと1.5倍の1520ルピー(約2356円)との事。

3等を緊急枠(TATKAL)で買う事も出来るようでしたが、緊急枠の場合は出発の2日前から売り出されるのでもう一度出直して来なければならないし、緊急枠料金として別途300ルピー(約310円)が加算されるそうです。

「2等も3等も殆ど変わらない料金だから2等にしておいた方が良いよ」、「最後の1席だから早く買わないと売り切れちゃうよ」との提案に、さすがにインド鉄道の社員が嘘をつくような事はないと信じて、係の方の提案通り2等を購入しました。

バラナシからコルカタまでは、今回乗った中では最長、14時間半くらい掛かる列車です。

またスリーパークラス(エアコンなし寝台車)にしようかなとも少しだけ頭をよぎりましたが、結果的には2等寝台車にして良かったと思います。

 

↓ 10月27日、16:55発 翌日07:20着予定の2等寝台車(2A)です。インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

 

希望の席種を買う事は出来ませんでしたが、また違う日に出直す必要もなくチケットの購入が出来て良かったです。

帰りも駅の近くの乗合オートリキシャ乗り場に行って、ゴードリア交差点の所まで乗せて行って貰いました。

以上、バラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた話でした。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた インド  乗合オートリキシャでバラナシ駅まで行って鉄道チケットを買ってきた

スポンサーリンク