バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

スポンサーリンク

2016年9月24日_Vol.1

こんにちは。

今日は、バガンからマンダレーへの移動日です。

バガンとマンダレーは約180km離れていて、乗るバスにもよりますが5時間~6時間で到着します。

飛行機であればあっと言う間に着いてしまうけど、もちろん私はバス(シャトルバス)で向かいました。

 

OK Expressのバスでマンダレーへ

バガンからマンダレーへ移動する時に、旅行者にとって非常に便利なのがこのOKエクスプレスのシャトルバス。

一般のバスであれば、バスターミナルから出発して、到着もマンダレーのバスターミナルと言うのが多いですが、このOKエクスプレスのシャトルバスだとバガンのホテルでピックアップしてくれて、かつマンダレーで宿泊するホテルまで送ってもらえるというサービス付き。

バガンで、ホテルからバスターミナルまでのピックアップ付きと言うバスはあるだろうけど、マンダレーでもホテルまで乗せて行ってくれるというサービスは非常にありがたいです。

何度も行っていて知り尽くした土地であれば自分で勝手に移動した方が快適な場合もありますが、全く知らない土地に初めて到着してからホテルまでの移動手段を探すというのは非常にパワーを使うものです。

旅行なので、そういった面も含めて楽しみたいという気持ちもあるんですが、今回は料金的に同じくらいだったので楽な方を取ってしまいました。。

OK Expressバスのスケジュール

私が利用した時間帯は、8時半出発で、マンダレーには13時半到着予定。

8時半と言うのはバスが出発する時間で、ピックアップ時間は8時15分でした。

他にも、5時/13時/16時/18時と、一日5便あるようです。

私が現地の代理店で買った時はシートの指定も出来ました。

1列+2列シートなので、一人旅の人は1列側を指定した方が快適かと。

 

シャトルバスの時間は、ミャンマーバスチケット予約サイト を参考にしています。

他の会社のシャトルバスでも、バガン・マンダレーともにホテルでのピックアップ・ドロップオフサービスがあるようなので参考にしてみてください。

ただ、このサイトで購入すると手数料が掛かるので、どうしても前もってチケットが欲しい場合を除いては現地で購入した方がよろしいかと思います。

 

↓ 私が購入したのは8時半の便。9000チャット(約810円)でした。ピックアップは8時15分だけど、実際は8時10分に迎えが来ました。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

シャトルバスはこんな感じ

シャトルバスはこんな感じの車です。

メルセデスベンツでも同じようなタイプの車がありますが、残念ながらメルセデスベンツではなくてIVECO(イヴェコ)と言うメーカーの車。

私は全く聞いたこともないメーカーでしたが、調べてみたらイタリアのメーカーで、主にトラックなどの商用車を製造している会社らしい。

日本の消防車は、イヴェコ・マギルス(ドイツ)社製のものが利用されているそうです。

 

↓ 今回乗ったOKエクスプレスのシャトルバス。結構古いです。。。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ 車内はこんな感じ。20人程度乗れます。シートはかなり古くて汚れ放題でした。。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

OKエクスプレスのホームページだとか、他の人がOKエクスプレスを利用した時の写真を見る限りでは、もう少し綺麗な車体だったので、今回私が利用したシャトルバスはハズレだったのかも。。。

まあ、5時間程度なので問題ないです。

ちなみに、乗客の殆どはミャンマー人で、旅行者は私も含めて3人しかいませんでした。

全員が全員、バガンからミャンマーに行くわけではなくて、途中での乗り降りも頻繁にあったので何度も途中停車しました。

 

マンダレーへ向けて出発

OKエクスプレスのオフィスのような所で人を乗せたら、マンダレーへ向けて出発です。

 

↓ ここで暫く停車していて、乗客を乗せたら出発しました。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

トラブル発生

そんなの出発する前に気付くだろう、、と言いたかったんですが、満員の乗客を乗せて走り出したは良いけど車内はムシムシとした状態。。。

エアコンが殆ど効いていません。

シートはボロくて汚いし、エアコンまで効かないとなると大外れの車です。。。

かなり走った所にあったOKエクスプレスのガソリンスタンド?みたいな所で、エアコンのチェック&ガスチャージをしました。

 

↓ ガソリンスタンド?。看板にはOK何とかって書いてあるので、OKエクスプレスの経営だと思います。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ エアコンのチェックをしてる様子。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

再出発

エアコンのチェック&ガスチャージはしたようですが、大した変化もなく蒸し暑い車内のままマンダレーへ再出発です。

他の東南アジアの国だと、トラブルがあったとしてもそんなの気にしない場合も多いですが、今回はちゃんと修理しようとする意志だけはあったようなのでまだまともかなと。。

 

↓ 途中で乗ってきたおじさん。席がないので運転手の助手が座ってるプラスティックシートに座らされてました。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ 途中で立ち寄った休憩所。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ 休憩所の中はこんな感じ。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ ここで水を1本配られました。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ 休憩所の外で頭に商品をのせて販売していたお姉さん。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ お姉さん? ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

↓ 休憩後はひたすらこんな道を進みました。ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

 

エアコンのトラブルがあって車内は暑かったですが、無事にマンダレーへ着きました。

バガンは時間通り8時半に出発して、マンダレーにも時間通りの13時半頃に到着です。

エアコンのトラブルで20分程度修理時間があったにも関わらず、時間通りに現地到着と言うのはなかなか優秀ですね。

車がもう少し新しくて、エアコンもちゃんと効いていれば快適な移動手段だったと思います。

やっぱり、ホテルを出発してホテルに到着できるというのは楽です。

いつもタクシーを利用する人たちにとってみたら何の有難みもないかもしれませんが、バスターミナルから苦労して安く移動している人たちにとってみたら、非常に利用価値の高いサービスなんじゃないかと思います。

オススメです。

以上、OKエクスプレスのシャトルバスでバガンからマンダレーへ移動した話でした。

では、また。


↓↓↓ 少しでも面白いと思ったら、一日一回投票(クリックするだけ)して頂けると嬉しいです。少しでもです。。。

ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。 ミャンマー  バガン ⇒ マンダレー 評判のOKエクスプレスで移動したけど。。

スポンサーリンク